corontop

「Coron+(コロンプラス)」は32bitのARMのCORETEX-M3マイコンボードです。 一つのボードにロボット作りに必要な機能(モータ制御、センサー取得、音声再生、データ通信・記録・・・etc)が 全て詰まっています!2015年9月11日発売!

setumei

旧CoronとCoron+の違い

「Coron+」は「Coron」の後継マイコンボードです。Coronからの主な変更点は次の通りです。

ハードウェアの変更点

(1)  Mini USB→Micro USBに変更 (2)  DC MotorDriverをMPC17531A→LV8406Tに変更 (3)  基板サイズ変更(バインドM2ねじが入りやすくなるよう改良されたが、ねじ穴の位置は変更なし。) (4)  ピン配置変更(2.54mmピッチユニバーサル基盤対応となった) corontop

開発環境の変更

旧Coron → すべての開発環境に対応 Coron+ → IDE3以降の開発環境に対応 ※旧Coronで開発環境IDE3.0以上を使用する場合は、Eclipse画面でプロジェクトを開き、inc > coron_conf.h内にある「#define _CORON_PLUS」 の直前に 「//」を付けてコメント化することで、従来のCoronでIDE3以上が使用可能となります。 ↓ // #define _CORON_PLUS ※Coron+でIDE3.0以上を使用する場合は、上記の処理は不要です。

開発環境「IDE3」の修正点

  • インストーラ不要になった。Cドライブでなくても可になった(ただしドライブ直下に解凍すること)
  • EclipseをGanymedeからHeliosに変更
  • コンパイラをSourcery CodeBench GCC4.4.1からGNU Tools for ARM Embedded Processors GCC4.8.3に変更
  • STのライブラリ(STSW-STM32054)を更新
  • 音声再生しながらDCモータやRCサーボが動くようになった
  • 音楽を途中で停止できるようにした
  • 浮動小数点(float, double等)が使えるようになった(ソフトエミュレート)
  • printfやsprintfが使用可能になった
  • Coron+のモータドライバの変更に伴う修正
  • コメント文の誤字修正

そのほかの修正点(Coron+から適用されたDFUの修正)

  • プログラムを書き込んだ後、USBの抜き差しをせずにTeraTermなどのターミナルソフトを使用できるようになった。
  • プログラムの書き込み時、USBの抜き差しをせずにDFUモードに移行できるようになった。

Coron+の特徴

特徴1 :小型高性能

小型

  • 奥行58[mm]x幅48.5[mm]x高さ26[mm](スイッチの高さ含む)
  • 重さ:約24g

高速

  • ARM Cortex-M3(STM32 72MHz)を使用 。このサイズで高速。

特徴2 :豊富なインタフェース

モータ駆動機能

  • ラジコンサーボを最大16個接続可能。
  • DCブラシ付モータを最大2個接続可能。

センサ接続機能

  • アナログのセンサ(距離センサ等)を最大6個接続可能。
  • センサ用電源端子有り。

音声機能

  • オーディオアンプ搭載で直接スピーカを接続可能。
  • パソコンでmicroSDカードに音声を保存し(wavファイル)、再生可能。

データロガー機能

  • micoroSDに最大2GBのデータを保存可能。

無線機能

  • XBee対応接続コネクタ有り。ZigBee(別途購入)で無線通信が可能。
  • 他無線モジュールにも対応予定。

USB接続機能

  • microUSB接続コネクタ搭載。パソコンと接続可能。

テスト用機能

  • LED(x3)、スイッチ(x1)を用意。

特徴3 :簡単すぐ使える

プログラム開発環境

  • フリーの開発環境(Eclipse+GCC)付き
  • 周辺機能を使用するための豊富なライブラリ及びサンプルが付属
  • USBケーブル接続でのプログラム書き込みが可能。
  • 別売のJTAG変換ボードで、ICEを使った本格的なデバッグも可能。

CI3 17

ハンダ付け不要

  • マイコンボードはハンダ付け不要ですぐに使用可能。

特徴4 :低価格

定価10,080円(税込)

特徴5 :オプションパーツ

購入後、半田付不要でコネクタにさすだけですぐに使えるオプションパーツを揃えています。 スターターセット↓ TRC SS 01a TRC SS 01b

※Coronのオプションパーツについては従来のCoronでもCoron+でも変更はありません。同じものをご使用になれます。

付属サンプルプログラム

付属のカードに記載されておりますURLにて、ダウンロードいただいたフォルダの中に、Coronのサンプルプログラムが 用意されていますので、豊富な機能をすぐに試すことができます。
  プロジェクト名   主な機能   内容
 Ex00_LED_SW  LED,スイッチ Coronボード上のLEDの点灯と プッシュスイッチによるLED点滅
 Ex01_RC_SERVO  RCサーボ RC1-0に接続されたRCサーボモータ の角度制御(時間制御の無/有)
 Ex02_DC_PWM DCモータ MOT1に接続されたDCモータの 速度制御(PWM制御による加減速)
 Ex03_SD_WAV SDカード、スピーカ microSDカード内に保存した WAVファイルの再生
Ex04_USB_COM  USB USB CDCクラス(仮想COMポート)を 使用してパソコンと通信
 Ex05_AD_GET  USB, ADコンバータ Coronボードに接続されたセンサを AD変換してパソコンに出力
 Ex06_UART_IO  シリアル送受信 CN-UART(もしくはXBee)から シリアルデータの送受信
 Ex07_LCD_CHAR  拡張I/O CN-IOに接続されたキャラクタ 表示LCDに文字を出力する
 Ex08_LOG_TXT  SDカード、ADコンバータ タイマ割り込みでAD変換して、 microSDカードにTXTファイルでログ保存
 Ex09_PWM_WAV※ SDカード、スピーカ、DCモータ 音楽再生しながらDCモータを駆動 (EX03_SD_WAVとEX02_DC_PWMの融合)
 Ex_ALL  Coron専用ライブラリの全て Coron専用ライブラリが全てinclude されている。自作プログラミング用ひな型
※Coron_Example v3.0.0から追加

Coron+の主な仕様

ハードウェア仕様

  項 目   内 容   備 考
 商品名  Coron+(コロンプラス)
 CPU STM32F103RET6 STマイクロ社製 ARM Cortex-M3 STM32 CoronはSTM32の日本国内製評価ボードでもあります
 クロック  72MHz
 RCサーボ用PWM出力  16ch 全チャンネル合計2A程度
 DCモータードライブ  2ch 1ch当たり 定格0.7A 瞬時1.4A
 ADポート  6ch 分解能:12bit(0~4095) センサ用3.3V電源端子有り
 GPIO  8ch
 MicroSDカードスロット  1ch 開発環境IDE3で最大2GB、IDE4で最大32GBのデータを保存可能
 無線モジュール接続コネクタ  1ch XBee対応接続コネクタ有り 他無線モジュールにも対応予定
 オーディオアンプ  LED(x3) スイッチ(x1) スピーカを接続可能 パソコンでmicroSDカードに音声を保存し(wavファイル)、 Coron+で再生可能
寸法  奥行58mm x幅48.5mm x高さ26mm

ソフトウェア

  • フリーの開発環境(Eclipse+GCC)付き
  • 周辺機能を使用するための豊富なライブラリ及びサンプルが付属
  • USBケーブル接続でのプログラム書き込みが可能。
  • 別売のJTAG変換ボードで、ICEを使った本格的なデバッグも可能。

付属品

  • マイコンボードCoron+本体
  • USBケーブル(Aオス-microBオス)
  • カード(下記の開発環境等のダウンロードURLが記載されたカードです)
    • Coron IDE3.zip(開発環境) – Coron サンプルプログラム – DFU ファームHex ファイル
    • datasheet.zip (CPUのハードウェアマニュアル)
    • manual_plus.zip(PDF マニュアル) – Coron_plus セットアップマニュアル – Coron_plus ボードマニュアル – Coron・Coron_plus共通 ソフトウェアライブラリ – Coron_plus JTAGマニュアル – 従来のCoron(無印)とCoronプラスの対応表 – 回路図

推奨動作環境

  • 推奨PC 動作環境
  • OS: Windows 7, 8.1, 10
  • CPU: Intel Pentium プロセッサ1GHz 以上
  • HDD 空き容量:Cドライブ 800MB 以上
  • メモリ:512MB 以上

電源

電源は以下の3系統のコネクタから供給が可能で、用途によって使い分けることが可能。
  • USBバスパワー 長所:PCにUSB接続すれば使える 短所:パワー不足のため、モータの接続不可。
  • ACアダプタ(別売:5V~9V) 長所:充電しなくても使える。 短所:ある程度モータを駆動することが出来るが、瞬時的なパワーが不足する。
  • バッテリー(別売:4.8V~9V) 長所:モータも駆動するのに適している。 短所:充電が必要。
2015/9/4現在

ご購入

現在、次のショップにてご購入可能です。(店舗によって在庫状況は異なります。あらかじめご了承ください)