電気回路系開発

1.概要

 ロボットやIOT機器を開発するには、様々な電気回路が必要となります。
 テクノロードでは、電気回路の選定や、必要であれば独自開発も行います。
 独自開発した電気回路の事例を照会します。

2.開発内容

マイコンボード開発

 マイコンボードは、各種センサ、アクチュエータ、通信モジュール等と接続し、様々な処理を行うために使用されます。

 回路の設計(回路図、アートワーク)から、マイコンファームウェアの開発、上位のPCやスマホ等のアプリまで、必要なもの全て開発致します。

 Arduino等やnucleo等、市販のマイコンボードの拡張基板の開発も対応致します。

電動車いす操作用
マイコン:STM32F4系
主な機能:モータドライバ(CAN)との通信、距離センサ、タッチセンサ、USB、BlueTooth、LCD表示器、音声再生、microSDカード。
自律走行ロボット用
マイコン:STM32F4系
主な機能:モータドライバ(CAN)との通信、距離センサ、バンパセンサ、USB、RS485、Xbee、STLink、microSDカード。

電源系開発


DCDC搭載回路(TDK Lamda製DCDC搭載 i3a, i7c)

MOS FETスイッチ。マイコンから各電源ラインのOn/Off制御、出力調整等に使用。

シャントレギュレータ。モータの逆起電力を熱で散逸させる回路。